カテゴリー: 未分類

同僚の活躍を素直に喜べない心の狭さにしょぼん

自分よりも格下だと思っていた人が、自分より評価されることがあります。そんなとき、素直に受け入れられず、正当な感覚で評価出来なくなる事があります。
先日、職場で自分より仕事が遅く、出来る仕事も少ない人が抜擢されたことがありました。周りからも、つぎはあなたが抜擢されるのではと言われていたのでショックでした。評価する上の方からの受けは良い人だったので、評価されたのは、その人自身の能力ではなく、たまたま偶然に良い条件がそろったとか、えこひいきなのではと言い訳を探してしまいます。
抜擢されたことを社内で報告されている際、同僚たちは喜んでいて、自分の心の狭さを実感して自己嫌悪に陥ってしまいました。周りの人が讃嘆しているのを見て、他の人の寛容さと優しさに、自己中心的なことを痛感してしまいます。
周りからも、抜擢されなかった方と思われている気がしています。他部署の方から、抜擢されれば、全然給与と待遇が違うことを知らされ、モヤモヤしながら仕事をしていました。抜擢された人が、休暇を取ることが多くて急に仕事がまわってくることも度々あります。急な仕事の依頼のため、締め切りも短くて、その度に何故こんなことになっているんだろうと仕事へのモチベーションを維持が出来ないくなっています。
気持ちを切り替えて頑張ることが出来ないこともメンタルが弱いんだと思ってしまいます。
でも、本当のところは、讃嘆している人も内心はわからないので、出来るだけ考えないようにしています。考え過ぎると益々その傾向が強くなったら困りますしね。

いつも人が羨ましくなる

私は現在育休中なのですが、いつもその時の自分に満足ができず、他の人を羨ましく思ってしまいます。
働いているところはとても人使いが荒く、他社と比べても仕事内容は多いのに人数は1人少ないようなところで本当に忙しく過ごしていました。有給消化なんて夢のまた夢だったので結婚して子どもができて育休とれたらいいなあとよく同世代の子と話していて、育休をとり、たまにお子さんと遊びにくる仕事仲間を本当に羨ましく思っていました。いざ、念願叶って妊娠、無事に出産し有難いはずなのに、育休中10ヵ月の今は仕事がしたくてたまりません。仕事がしたいというよりは24時間一緒の日々から抜け出したいという感じです。1日中家にいられて子どものお世話と家事だけに専念できて最初は天国だと思っていたのですが同じような毎日が段々勿体無いように感じてしまうのです。これだけ成長する時期も、こんなに向き合える時間も残り少ないとわかっているはずなのに、また愚痴と抜け出したいとばかり思ってしまいます。
落ち着きたい落ち着きたいと結婚するまでもしてからも言っていたのに、いざ落ち着いて家族と向き合える状態になると、仕事できていいなあ。旅行にも身軽でいけていいなあ。自分のことだけ気にして飲み会行けていいなあ。と周りを羨ましがってばかりいます。旦那は今を楽しそうに過ごして、前向きに考えられる人なので、一緒に過ごしている時になんで私はこうなんだろうと自分で自分がキライになります。