私の性格は几帳面すぎるではと思っています。

私の根底にある性格はまあ自分でも几帳面だと思っています。
そのため生活をしていくうえで法律とかマナー違反には結構腹が立つ方です。
道を歩いているときも対向者が歩いてくると、私の方からぶつからないように事前に道の反対側に避けて歩きます。
その気遣いを相手が気が付かない人が多いですね。
また雨が降っていて相手が来た場合は傘がぶつからないように傘を相手とは反対の方に傾けます。
これを江戸かしげといいますが、こういうことをしない人が多いですね。
また雨が止んだときに、傘を持って歩きますが、それを手にもって振りながら歩く人。
私はいつもこういう行為は人にぶつかって危ないと危惧しています。
私は傘を持ったら手を振らないで歩いています。

私の町内会にはいろいろな会があります。
その中にゴルフの親睦会があります。
これは旦那さんたちが道で会っても、町で会っても挨拶くらいはしたいと、親睦を図るために立ち上げた会です。
10数年経って、会員は100名近くになりました。
順番で幹事をやるようになりました。
私が幹事になったときには、前の事務局を10数年勤めていた方です。
この人は腰が軽く、免許も持っていないと、一人で自転車や歩きで会員の家を回っていました。
他にも幹事は数名いたのですが、ほとんど名ばかりで、この人がほとんで仕事をしていました。
年春秋のゴルフコンペをやっていました。
もうそのころはバスを借り切って行くのです。
私のころは約50人くらいの参加でしたね。
年会費は千円です。これはほとんど通信とか書類のコピー代の事務費です。
ある病院のオーナーの先生も会員でした。
この人は先生というよりも事業家でしたね。
あっちこっちに老人ホームとかリハビリセンターを開いていました。
先見の明があったのでしょう。
しかしゴルフの会は個人の集まりです。
しかしこの先生は自分が忙しいのか秘書みたいな人にやらしていました。
そのゴルフの会費も清光会とかで振り込みが来るのです。
私も事務はほとんど一人でやっていましたので、これは何だと思いました。
そこで思い出しました。ああ先生の下の会だと。
そこで秘書の方にここは個人の集まりだから個人名で振り込んでくれないと分かりにくいと。
会社との付き合いではないと。
厳密にいえばそれは個人の経費を会社で建て替えているのと同じではないかと。
これは脱税ですよと。
私はこういうのは嫌いですね。

一緒に幹事をやっていたゴルフ会の会長さんはそこまで個人攻撃をすべきではないと言っていました。
私は法令順守は当たり前だと思っていました。
また個人のことは個人が行うのではと思っています。
会社に関することは秘書に任せても、個人のことまでやらせるのは行きすぎだと思います。

こういう性格はちょっと几帳面すぎるのではと自分でも思います。
もう少し清獨あわせ飲むというようになれればいいと思うのですが。
なかなか性格は変わりませんね。